スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
色んな思い


習い事って、親の思いと 本人のやる気と 重なった時には

とても上手くいくのですが、

それが交わらないと 上手くいかないものですよね。



今日はもう、レッスンにならないくらい 荒れ荒れになってしまった生徒さんがいたので、

「今日はもう 帰りなさい」とあと数日後に発表会を控えているというのに、

大胆にも 帰してしまいました。


でも、本人の中に やる気や学びたい という意志がない限り

周りが ワーワー言っても 何も変わらず、

スーっと入っていくものも、吸収することもできないので、

苦渋の選択でしたが そう致しました。


帰した後も、どうしたものか・・・と 悩み

次の時間の高校生2人に 大人の私が相談する始末(苦笑)。



でも、その二人も スムーズに高校生まで 続いたわけでなく、

色んな壁にぶちあたり、

乗り越えてきた結果、今 こうして 楽しんで弾けているのだと思うのです。

「そんな時、おうちでお母さんは どんな風に フォローしてくれた?」と

尋ねると、二人とも それぞれの答えが返ってきました。


一人は「やめたいなら、やめなさい」 と

突き放されたそうです。

もう一人は「あなたのピアノを弾いている姿を見るのが、お母さん楽しみなんだけどなぁ~」と

優しい言葉をかけてくれたそうです。


その子その子によって、

突き放して ハっ!とする子と

優しくされて それに応えようとする子と

本当に 様々だと思います。





娘を見ていてもそうなのですが、

本人のやりたいことと 親がやって欲しいと願う習い事を

同時に 背負って 子どもは必死に

期待に応えようとしてくれます。



続けさせるか 辞めさせるか

親として悩む時期が いずれ来ると思うのですが、

その判断は、見ていても月謝を収めるのがもったいない程の習い方でも、

本人から「やめる」「やめたい」というところまで

ギリギリまで頑張って

周りの大人は、辛抱して様子を見守る・・・というのが、良いような・・・

持論ですが・・・思います。


そうは言っても、練習を全然しなければ

「やめなさい」と言いたくなるのが、親として普通ですよね。(苦笑)

でも、何かに繋がるのではないかとも思うし、

子どもが 何かにぶつかった時に、息抜きや安らぎや抜け道になるような気もしますし、

特に 音楽は、そういうメンタル的な 

上達ぶりの結果だけでなく、他の面もあるように思えます。




苦しいことは、この先の人生の中で いくらでも出てくると思うのです。

それを乗り越えられるかは、

色んな経験の積み重ねであり、

周りの協力であったり、

運であったり・・・ 様々だと思いますが、

そこに ピアノという存在があってて欲しいなと

指導していて 願うばかりです。


[2010/07/29 01:04 ] | 未分類
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。