思いを吐き出す
子どもらしい子ども」が 大好きで、

自分の子どもも含めて うちにピアノに来てくれる生徒さんたちにも

いつも そうであって欲しいと 願っています。



だから、うちにレッスン来るなり

「のど かわいた~」

「おなかすいた~」

「この曲 ひきたくなーい」 など・・・は、


ドンと来い!です(笑)


かわいいなぁ、子どもらしいなぁ と 思ってしまいます。


でも、いつもいつも 我侭がOKなわけでもなく、

お互いの信頼関係ができていれば、

間違ったことをしてる時には、ピシャっと 注意します。



「やだ~」とダダをこねる子が居るとすれば、

あの手この手を使い、弾く気にさせることが

私の役目でもありますし、

困らせられれば 困らされるほど、講師冥利に尽きます(笑)。




ピアノは、苦しみながら弾く楽器では ありませんし、

練習しないからといって、弾けない楽器でもありません。



ちょっと角度を変えれば、

子どもは 自分でピアノに向かいますし、

自分でピアノに触ろうとするから 指も動くようになるし、

間違っても お母さんに無理やり 弾かされる楽器ではないです。(苦笑)




ピアニストになるわけではない と考えると、

やはり 子どもたちの楽しんで弾いている姿を 眺めていたいですよね・・・♪




もっともっと 子どもたちに笑顔が 広がりますように・・・


[2010/09/15 23:01 ] | 未分類
| ホーム |