春うらら
今週は、新しい学年になった 生徒さんたちが 

意気揚々とやってきました!

何組になった~ や 担任の先生の話や

色々と教えてくれました♫

新学期は、気分も高ぶりますね。


昨日は、はるひ野リトミックでした。

はるひ野リトミックも、10時のクラスも 新しい顔ぶれで

11時になった2歳児のお子さんたちも 何だかお兄さんお姉さんのようで 新鮮で、

みんながそれぞれの表情で 活動に参加されてたな~と 思い返しました。


ピアノの生徒さんも そうなのですが、1歳2歳の リトミックのお子さんも、

「自分で!」やっている姿が、見ていて 頼もしいですね。

お母さんに「はい、ジャンブよ!はい、しゃがむのよ!」と言われるのでなく、

自分で 音を聞き分けて、体をコントロールする。

これが、やがて 自分の意思で 物事が取り組めることへと 繋がるのだと思います。


なので、リトミックは、 音楽的要素だけに 成果をもたらすだけだなく、

子どもたちの日常生活へも 大いに 発揮されると思っています。




今回、ピアノの発表会の選曲を

「YouTubeや CD などおうちで聴いて、一緒に考えてみてください」

とおうちの方へ お願いをしました。

それは、おうちの方へ「丸なげ」しているのではなく、

まず お子さんと話し合う、寄り添うきっかけにしたかったのと、

お子さんの今興味のあることに関心を持って欲しかったのと、諸々の事情から

全員のお母様へ メモ紙を お渡ししました。


私が全員の生徒さんへ レベルに合わせた曲を「はい。これを弾いて」と 

楽譜を準備し、渡すのは 容易なことなのです。

でも、まず 自分で弾きたい曲を探して欲しい。

そして、それに 向かって欲しい。



春休み明けて、だいぶん 曲も出揃ってきました。

が!!!

曲目を書いて並べてみて、本当に 嬉しいです。


それは、本当に 選曲に「個性」があって、

私が 見つけてくるよりも遥かに

みんなそれぞれなのです。


今年は 誰一人「出たくな~~い」と いう生徒さんが 居ませんでした。

みんな「何弾くかなぁ~」と ワクワクした顔でした。


さぁ、ステージに向かって また頑張って行きましょう!

みんなの成長が 楽しみですっ!!

[2012/04/13 09:00 ] | 未分類
| ホーム |