娘の将来
毎年恒例の バレーボール観戦行ってまいりました。

日本女子バレーボール オリンピック出場を、会場で応援してきました!

Vo4.jpg

娘がつかまり立ちする頃から、毎年 会場まで足を運び、

「本物を」という思いで、会場に 連れて行ってました。

親の思いと 子の思いと 重なり合った時に、

今までしてきた環境が 報われるのかな・・・と

思う今日このごろです。

それが出始めるのが、個人差はあるでしょうが

娘は小学5年生で 明らかとなりました。


やはり親として「この子には、何があっているのだろうか。

何がむいているのだろうか・・・」と考えて、

いろんな習い事をさせたり、道の選択を 広げてあげるのが

役目かなと思ってました。


そして、本人が本当に心から 好きになること、

自分で「やりたい!」と思えるようになるまで、

10年かかりました。(実際は、こちらが仕向けたのかもしれませんが^^;)

あとは、もうこれから あれこれ手を出さずに、

選択を広げることよりも、絞込み、打ち込める環境を

整えてあげたいと思っています。

Vo1.jpg ロシアの11番16番の 足の長さ!!

Vo2.jpg


今までの見方と 娘は今回 明らかに違いました。

自分のポジションの選手の動き、ボールの動き、

選手への憧れの眼差し。


ピアノやウクレレを弾いている時の表情と 全く違ったことは、

心から残念ですが(苦笑)

生き生きした表情が すべてを物語っていました。


小学校高学年になるにつれ、

そろそろ将来の方向性が 見えてくるのかなと 思います。

子どもの 一番の理解者でありたいものです。

[2012/06/04 18:17 ] | 未分類
| ホーム |