若い力
はるひ野リトミックでは、今、ピアノ伴奏してくださってる

まり先生をはじめ、国立音楽大学の学生に依頼しています。

それは、学生なりに 責任のある「お仕事」を学生のうちから

見られる機会をつくってあげたい気持ちと、

学生だけれど、お母さん・子どもたちと 触れ合ってもらい、

その後の就職に 生かして欲しいという気持ちと、

私にとっても 若い人と一緒にお仕事をすると 色んな刺激をもらえ、

色んなアイディアを出してくれるので、

「こんなことしたら、子どもたちは どう反応するだろう?」

と話し合える機会でもあるのです。

歳をとるにつれ、頭も固くなるので、それを回避したいですね。


先月、まり先生が「パネルシアター持ってますよ♪」と 言ってくれたので、

「じゃあ、是非 子どもたちに 見せてあげて!」というわけで、

早速、楽しいパネルシアターを披露してくれました。

DSC_0260.jpg


すると、11時のクラスのお子さんが そのパネルシアターで歌ってた

「♪~せんたく せんたく シャララララ~♪」

という ちょっとした歌を

おうちで お母さんがお洗濯ものを干している時に 口づさんでいたそうです。

そんなお話を聞くと、私たちも 嬉しくって、

「もっと何か、やろうよ~~!」と 舞先生たちと 盛り上がってました。

私が数年前に 声帯を壊して、歌えなくなり、もちろん今も 歌えるように回復できるよう

ボイストレーニングにもまだまだ通って、努力はしているのですが、

こうやって、若い先生たちが 誠実に力を貸してくれることに 本当に感謝しています。


次回、11月14日(木)は 芸術の秋ということもあり、

まり先生のお友達の バイオリン専攻のお友達が 鑑賞の時間に 弾きにきてくれます。


ぜひ、生のバイオリンの音を 身近で聴ける機会ですので、

良い音を耳から お子様たちに 聞かせてあげてください。

たくさんのご参加、お待ちしております。

[2013/11/06 10:25 ] | 未分類
| ホーム |