体を使って弾く
ピアノは指で弾くイメージがありますが、

子どもたちに 伝えたいことは、

ピアノは「体、全体を使って」「表現する」ことなんだよ と。

「手先だけ」の演奏にならないように…。

体を使うと、音まで 変わってきます。

体を使うには、やはり 自分が「感じる」ことですね。

自分で 何かを感じ取って、

「こう弾きたい」
「こう伝えたい」

と 考えて、弾いてほしいと思っています。


お母さんにこう言われたから とか

先生にこうしろと言われたから とか

絶対、いやですね。苦笑


自分で考えながら弾いていると、目つき 顔つきも 変わってきます。

さて、発表会前 ラスト週の 生徒さんたちです。

↓小2の女の子さんですね。

ベートヴェンの「トルコ行進曲」を選びました。
(※選曲は、毎年 自分たちで決めます)

[広告] VPS


[2015/07/14 16:01 ] | 未分類
| ホーム |