夏休み🍉
7月22日(土)に 橋本にあります「杜のホール」にて 無事に
今年度の発表会が終了いたしました。

今年は、取り掛かり期間と それぞれのレベルが相応な曲選びができたのか、
みんなそれぞれのペースで 仕上げに向かえたと思います。

今回、同級生同士で 連弾に挑んだ生徒さんたちは、
普段 一人で弾くのとまた違う緊張感を経験できたかと思います。

一人で弾く時は、緊張はするけれど、ミスをしても自分の責任・・・で消化できますが、
二人の場合、緊張はいつもの半分でも「相手に迷惑かけたらどうしよう・・・」という不安が
倍増するように思えます。
そういうことも含め、精神的に成長できる機会だなぁと感じます。

初めて出場した生徒さんも お二人いらっしゃいましたが、
ステージで いつもの力を発揮できたことが 嬉しいですね。

縮こまることなく、自分の表現を出来ることが 素晴らしいです。

難しい曲を弾く生徒さんは、それなりのことを期待され、
それもそれで 苦痛かと思いますが、
いつも最後の追い込みに 付いてきてくれて、
思った以上の力を発揮してくれます。

講師になって20年近く経ちますが、
毎年感じることが「子どもたちの可能性」。

その曲を「ただ弾く」のではなく
「弾きこむ」ことで 自分なりの表現が出来るのだと思います。

夏休みは少しゆっくりしていただいて、
また 次のステップへ向けて 頑張っていきましょう!!

DSC_0694.jpg
[2017/08/11 12:01 ] | 未分類
久しぶりの更新
なんだか数ヶ月ぶりの更新となってますが、
すでに 発表会まであと一ヶ月とちょっとという時期になっています。

梅雨の時期となり、紫陽花が嬉しそうに咲いていますね。

今回の発表会の会議に数日前、参加してきたのですが、
各先生方の 生徒さんの曲目を提出して、プログラムを考えてきました。

今回は、生徒さん同士の連弾があるので、
仕上がりも 本番のイメージも、今からとても楽しみです!

それぞれ、部活や塾や・・・で 練習する時間が どんどん減ってきている生徒さんたち。

「弾く」だけが 練習ではありません。

弾く時間が取れないのであれば、常に 曲を「聴く」環境を整えていただいて、
耳から吸収することも またお勉強です。
プレイヤーに音源を入れていただいて、常にお耳から曲を 取り入れましょう。
そうすると、イメージもわき、弾く力も 聴くだけで身につきます。

さて、今日は みなさんが どこまで仕上げてきているのか、
とてもワクワクしながら レッスンへ向かいます♪🚗💨

[2017/06/13 13:05 ] | 未分類
受験
入学試験まで 一ヶ月を切った我が家です。

乳児幼児は得意なわたしも、
思春期の子どもは専門ではないので(苦笑)
本当に中1中2と 壮絶な反抗期と向き合い、

中3となるや 急に落ち着き、自分の目標に向かい
とても穏やかな日々を過ごしています。

ただ、子どもも 初めての「受験」を控え、
とてもちょっとしたことでナイーブになったり
不安定な精神状態ですので、
そこはしっかりと バックアップしていきたいなと考えております。

我が家は、高校選びも 本人に任せて、
見つけてきた学校に 合格するために、
援助はする。。。というスタイルです。

英検なども、自分で「この日に受けるから、受験料ちょうだい」と言われ、
渡すと、自分で本屋さんで手続きをして、
部活と両立しながら、受験してきました。

これから、本人が どういう道へ進み、
どういう大人になっていくか
本当に楽しみです。

幼稚園選びは、母親の役目ですが、
もう高校となれば、自分の「意志」というものが大きいですね。

頼もしいです。

幼い頃から「表現者」になってほしいと思って育ててきました。

周りから冷ややかな目で見られても「出す」ことは「間違ってない」
と育ててきました。
なので、周りの人より ちょっと顔に出てしまったり、
喜怒哀楽の表現が 本当に分かりやすい子と なってしまいました。苦笑

今では、その育て方に 後悔はしていません。

子育ての正論が何か、よくわかりません。

ただ、その子が その子らしく 育ってくれたら いいのではないかと…。

どうか 第一希望の高校に合格できますように・・・!と毎日 神頼みです。
[2017/01/18 10:51 ] | 未分類
コンクール終了
去年から取りかかっていた曲を お正月も休まず練習をし、

1月8日 うたのコンクール
1月9日 ピアノコンクールと 無事に終了いたしました生徒さんは、

本当に 体調管理や練習を含め、大変だったと思います。
そして、父兄の皆様にもご理解とご協力をいただきました。

ありがとうございました。

DSC_0122.jpg
DSC_0123.jpg


終えて、色々思うことはありますが、

「どうやったら、入賞取れるか」

悔しい思いをした生徒さん同様、わたしも 悶々と考えます。

しかし、コンクールで評価されなかったからといって、
上手でない演奏だったとは思わず、
中には 賞をいただいてなかった他の生徒さんでも (上手だったのにな・・・)と
思う生徒さんもいらっしゃいましたし、
全否定された気分になるかもしれませんが、
本当にこればかりは・・・モヤモヤをバネに 頑張るしかないのです。

演奏はきっとみんな仕上げてきてるので、出来てるのだと思います。

そこで 賞をもらえるか もらえないかの差は、

ステージで 自己表現出来てるか or
それがちょっと緊張で、いつもより表現が上手くいかなかったか…かなと思います。

「パフォーマンス」も含めてできるのが、ベストなんだと思います。

いうのは、簡単ですね。苦笑

でも、出場された生徒さんは 来年への意欲も燃やしていますし、
それだけでも すごいなぁと思います。


また少ししたら、発表会の曲選びが始まります。

発表会も同様に 人前で演奏する機会の場数を踏みながら、
成長していっていただけると 指導者として嬉しい限りです。


生徒さんも ご父兄の皆様も、お疲れ様でした!!


[2017/01/14 00:20 ] | 未分類
気付けば...
夏休みから、更新していませんでした💧


秋から冬支度となり、
我が家の受験生もいよいよ本腰入れ始める時期ともなりました。

そして、生徒さんは毎年行われるコンクールに向けて、譜読み段階です。

今年のコンクールは、いつもは年末ですが、
なんと、年始に行われます。

お正月挟むのが、何とも...

みんな同じ状況なのでしょうが、出来れば挟みたくないですよね...。

頑張って欲しいです!

さて、そんな娘も小学生の頃は、歌でコンクールに出ていましたが、いつも発揮できず、
歌詞を忘れたり、緊張で顔が固まったり...という、不甲斐ない結果でした。

本人の本当にしたいこと では、なかったのかな...と今になると思います。

中学生となり、
英語が大好きになり、
「私、海外に行く!!」と言い、
自分で見つけ出した大好きなものは、
親が押し付けたものと違い、
本当にこちらの予想以上の力を発揮してくれました。

先日、川崎市の中学生が各学校代表が集まり、
英語のスピーチコンテストが行われました。

そこで、今までもらったことないような
「最優秀賞」を頂いて、帰ってきたのです。。。
201611151559156cd.jpg

親のさせたいことと、子どものやりたいこと、
一致すれば良いのですが、中々そうはいきませんね。

私は、音楽やって欲しいのですが...苦笑

しかし、本人のやりたいことは、応援してあげたいと思ってます。


難しいですね...💦
[2016/11/15 15:52 ] | 未分類
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>