スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
リトミック
先週は、久しぶりの リトミックでした。

岡上の子ども文化センターへ、 尚美さんと行ってきました♪

DSC_0009.jpg

子どもたちとは 毎日 他のお仕事で 関わっているのですが、
こう 集団になると またやはり 違いますね。。。

たくさん 子どもたちから パワーをもらいました!

何と言っても やはりかわいい!!

上のクラスでは、想像力豊かに いろんな イメージ活動が楽しめました!!


心と体のバランスも リトミックの力で 整えられるな〜と
改めて思いました。

岡上の皆さん、ありがとうございました!!


[2016/02/25 21:03 ] | 親子でリトミック
今年も宜しくお願い致します。
今週から、いよいよ 2016年のレッスンが 始まりました。

あと2ヶ月くらいすると もう、発表会の曲へと
取り掛かる時期にもなります。

今は、少し ゆったりと 曲に向き合えるといいですね。

ピアノは、弾くだけでなく

聴くことも大事で、

耳を養う時期を与えてあげるといいかもしれません。


冬休みに、自分の娘と 度々 音楽で遊んで 

楽しい空間を過ごしましたが、

やはり音楽は、勉強の塾や 他の習い事にないもの

心を豊かにする力が ありますね。


娘もギスギスしたことから、解放されるようでした。


心を豊かにしてくれるスクールなんて、ありませんからね。

あったとしても、きっとお金を出して、時間を割いて、習いに行かせるお母さんもいないかもしれません。

でも、私は そんな「お教室」があったら いいなぁと 密かに思っています。


勉強よりも大事なことを どうやったら教えていいのか、
反抗期と 戦っている私です。苦笑

専門は、幼児なので・・・

反抗期は、やはり 難しいです。


そんな2016年ですが(笑)、

今年も 楽しいレッスンを心がけていきたいと思います!


どうぞ、宜しくお願い致します

[2016/01/14 19:31 ] | 未分類
コンクール終了
26日(土)、27日(日)と

相模原南市民ホールにて、カワイ子どもコンクールの地区オーディション
が行われました。

26日は、うたのコンクール。

27日は、ピアノのコンクールでした。

参加された生徒さんの様子ですが、発表会の時と同じ会場ということもあって、
緊張も少ないのかなと 期待していたのですが、
やはりあの場になると、平常心のままというわけには いかない様子でした。

しかし、持っている力を 大いに発揮してくれたと思っています。

今回のコンクールを通して感じたことは、

演奏力と表現力に プラスα「魅せる」ということが 必要なのかなと・・・。

「自分の世界」を持っている子が、強い気がします。

周りに惑わされない。

人は人。自分は、自分。


あの雰囲気に 飲み込まれてしまうと、
自分なりの表現ができないので、
フィギュアスケートの試合を見てるのと同じで、

決められた場面で キメラれたことを キメなければならない。

それを プレッシャーと捉えるか、
何も考えずに こなせるか・・・で わずかな点数に 繋がってくるのかなと思いました。

そんな中、3人の生徒さんが 三人とも賞をいただき、
本当に 健闘してくれました!!
DSC_0001-2.jpg

DSC_0002.jpg

2人「努力賞」をいただき、1人「入選」を いただきました。


才能の塊を どんどん磨いて、美分化していって欲しいと思います。

今年一年を振り返り、
反省点もございました。講師を18年ほどしてますが、今までになかったミスをしてしまい、
生徒さんへ 不安を与えたことが、何よりも自分の中で、襟を正さなければ!と思った年でした。

あとは、こちらの新百合ケ丘・百合ヶ丘地域で 広まっていけばいいなと
まだまだ 願っています。

コンクール審査員の 昭和音大の先生も 熱く語られてましたが、
是非 お子様には 本物の楽器を触らせてあげたいし、
ゲーム音電子音でなく、音楽・芸術を学ぶことで、色んな礼儀作法や
マナーを身につけることにも 繋がるということ。

塾などの習い事で 削られがちな「音楽」ですが、
必ず お子様の心を豊かにしてくれます。
それが、勉強の点数に直接結びつくことでは ないかもしれないけれど、
音楽を学ぶことで「人として」きっと豊かになってくれていると 私は信じています。

今年一年間、お世話になりました方々 
ありがとうございました。

また来年も 宜しくお願い申し上げます。

2015年 12月28日 伊東みち子
[2015/12/28 20:40 ] | 未分類
とどろき 市民ミュージアム

初めて、市民ミュージアムに行ってきました。

美術の授業での作品が飾られたようで、観に行ってきました。




「何を表現したの?」と尋ねると、

「定期テストで一生懸命勉強頑張ったのに、点数悪かった時の自分の心境」
だそうです...。苦笑


次回、頑張ってもらいましょう。。。苦笑

[2015/12/27 13:17 ] | 未分類
表情
不意に 中2になる娘が「ママ、最近さぁ 顔に表情のないお母さんたち、
多くない?」と 言ってきました。

部活の遠征などで毎週、電車で出かける時に そう思ったのか、
私に投げかけてきたのです。

うーん、、、確かに お母さんの表情ねぇ・・・

お母さんたちの 表情って、子どもたちも とても敏感に感じ取っていますよね。

ちょっと私が 考え事してる時など、

「ママ、どした?」って 聞いてきます。

ドキっとしますね。


表情って、感情を表に出したモノで、

それって、いいことなのか 悪いことなのか、

時と場合によるのでしょうが。。。


私は個人的に、感情を表に出すことは いいことだと思っています。

それを良しとしない人も 中にはいると思います。

でも、お母さんも人間だから

機嫌が悪い日もあれば、具合の悪い日もある。

そんな時に、100パーセントの笑顔は できません。


それを読み取って、子どもは(自分にできることは ないか) とか

(どうすれば お母さんが 喜ぶか) など

自分で 考える力が身につくんじゃないかなと 思います。


ずーーっと 怒ってる。

ずーーっと 不機嫌。

何しても 褒めてもらえない。

無感情。

無関心。


これは、子どもにとって 本当に悲しいことで、

一体 どうしたら お母さんに 褒めてもらえるのか、

一体 どうしたら お母さんが 笑顔になるのか、

必死に 模索してしまう日々だと思うのです。



恥ずかしいことかもしれませんが、

中2の娘は まだ「ママ。ギュってして」って言ってきます。

そんな時は、ためらうことなく いまだ 納得するまで抱きしめます。


お母さんの表情かぁ・・・と 私も今回 考えさせられました。


まずは、お母さんが 心から笑顔になるように、

身も心も リフレッシュできるような時間を作って、

考え事や 悩み事がある時は、

「おうちから一歩外に出て、人に話す」というところから

お母さんたちの 表情も出てくるのではないかなぁと 思いました。


お母さんの 心のバランス、大事ですね。😉


[2015/12/11 19:20 ] | 未分類
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。